2020年9月1日火曜日

綾紋姫長朽木夢誌(あやもんひめながくちきむし)


そこは剣と魔法――じゃなくて、刀と『紋術』の飛び交う異世界だった。
丁度祖母のお葬式で紋付の喪服を着せられていた私は、何か勘違いされて馬鹿殿みたいな白粉(おしろい)小男に連れ去られる事になる。しかも気付いたら結婚させられてたんですけど!
え、理由は家紋…って、はぁ?うちはまるっきりド庶民なんですが何か?
冗談はその白粉顔だけにしろ。

家紋と血筋が組み合わさって不思議な力を生む世界。
これは、昔の日本に似た戦乱の世界に飛ばされた私、朽木綾子の長い長い夢であって欲しかった記録である。


「小説家になろう」でも投稿しています。
-----------------------------------------------------------------------------------


【壱】 【弐】 【参】 【肆】 【伍】 【陸】 【漆】 【捌】 【玖】 【拾】
【拾壱】 【巣守隆康】 【拾弐】 【拾参】 【拾肆】 【拾伍】 【拾陸】
【拾漆】 【拾捌】 【拾玖】 【廿】 【廿壱】 【廿弐】 【廿参】 【廿肆】
【廿伍】 【廿陸】 【廿漆】

2020年5月1日金曜日

クロシェ・ニッティの編物魔法~かぎ針で小さな幸せを引っ掛けて~【目次】



剣と魔法の世界。

リストーム王国に生を受けたクロシェ・アルストル。
白い肌、赤毛に青みがかった緑色の瞳。
そばかすが気になるお年頃で酸っぱい果物を食べるのが日課。

そんな彼女は魔術師を輩出する名門アルストル家に生まれながら、魔力は沢山あるのに放出する能力が他人より弱い落ちこぼれ。
学園を卒業するその日に婚約者から婚約破棄されてしまう。
経歴に傷持ちとなった彼女をアルストル家は辺境ファスターの地、ニッティ家に嫁として出す事に決めた。

嫁入り道中、ひょんなことから前世を思い出した彼女。
義実家はクロシェを暖かく迎え入れてくれた。
結婚から始まる恋愛、クロシェは夫トール・ニッティと恋に落ちる。

日々の生活は慎ましいものだった。
屑魔石しか出なくなった枯れかけの鉱山、牧畜以外特産もない草と森だらけの豊かとは言えない領地。
義家族に恩返しをするためにも、彼女は前世から好きなかぎ針編みをしようと思い立つ。

ところが、夫の為に彼女が羊の毛糸で編んだものは不思議な魔法がかかっていたのだった。

------------------------------------------------------------------------------------------------

1.ほどけて切れた
2.その毛糸の先
3.足して繋がる
4.新たな運命
5.運ぶ馬車、転がる車輪
6.馬の蹄も高らかに

2020年4月25日土曜日

ちーとにゃんこの異世界日記【目次】




【あらすじ】

「吾輩は猫である」

その言葉と共に、神様の手違いで事故死してしまった元女子大生の主人公は異世界へと転生した。
しかし、お詫びとして神より授かったのは絶大な力と猫の外見だった。
神の呪い『にゃ〜語』に嘆きつつも、神にも愛されるケット・シーとして生まれ変わったニャンコ=コネコの笑いあり、涙あり? ふるもっふあり!! の冒険活劇が今始まる!


1にゃん  2にゃん  3にゃん  4にゃん  5にゃん  6にゃん  7にゃん  8にゃん

9にゃん 10にゃん 11にゃん 12にゃん 13にゃん 14にゃん 15にゃん 16にゃん

17にゃん 18にゃん 19にゃん 20にゃん 21にゃん 22にゃん 23にゃん 24にゃん

25にゃん 26にゃん 27にゃん 28にゃん 29にゃん 30にゃん 31にゃん 32にゃん

33にゃん 34にゃん 35にゃん 36にゃん 37にゃん 38にゃん 39にゃん 40にゃん

41にゃん 42にゃん 43にゃん 44にゃん 45にゃん 46にゃん 47にゃん 48にゃん

49にゃん 50にゃん 51にゃん 52にゃん 53にゃん 54にゃん 55にゃん 56にゃん

57にゃん 58にゃん 59にゃん 60にゃん 61にゃん 62にゃん 63にゃん 64にゃん

65にゃん 66にゃん 67にゃん 68にゃん 69にゃん 70にゃん 71にゃん 72にゃん

73にゃん 74にゃん 75にゃん 76にゃん 77にゃん 78にゃん 79にゃん 80にゃん

81にゃん 82にゃん 83にゃん 84にゃん 85にゃん 86にゃん 最終回にゃん

【あとがき】


〈番外編〉

ケット・シー喫茶奮闘記1

ケット・シー喫茶奮闘記2



エルマ坊ちゃんの大冒険!【1】



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

登録&ランキング参加
>> wandering Network様
>> 小説・詩ランキング