2020年9月1日火曜日

綾紋姫長朽木夢誌(あやもんひめながくちきむし)


そこは剣と魔法――じゃなくて、刀と『紋術』の飛び交う異世界だった。
丁度祖母のお葬式で紋付の喪服を着せられていた私は、何か勘違いされて馬鹿殿みたいな白粉(おしろい)小男に連れ去られる事になる。しかも気付いたら結婚させられてたんですけど!
え、理由は家紋…って、はぁ?うちはまるっきりド庶民なんですが何か?
冗談はその白粉顔だけにしろ。

家紋と血筋が組み合わさって不思議な力を生む世界。
これは、昔の日本に似た戦乱の世界に飛ばされた私、朽木綾子の長い長い夢であって欲しかった記録である。


「小説家になろう」でも投稿しています。
-----------------------------------------------------------------------------------


【壱】 【弐】 【参】 【肆】 【伍】 【陸】 【漆】 【捌】 【玖】 【拾】
【拾壱】 【巣守隆康】 【拾弐】 【拾参】 【拾肆】 【拾伍】 【拾陸】
【拾漆】 【拾捌】 【拾玖】 【廿】 【廿壱】 【廿弐】 【廿参】 【廿肆】
【廿伍】 【廿陸】 【廿漆】

0 件のコメント:

コメントを投稿