2015年12月22日火曜日

エルマ坊ちゃんの大冒険!【1】

イシュラエア王国の王都サーディアへ向かう街道を、商隊が進んでいた。
雇われた護衛の乗る馬が頑丈な造りの馬車を囲んでいる。

馬車の中には幼い男の子とその父、使用人二人が乗っていた。
父は茶の髪と瞳の、王国にはよくある平凡な容姿をしていたが、その息子は髪こそ父と同色ではあるものの、母譲りの美しい紫の瞳と整った顔立ちをしていた。

馬車の旅とて揺られ続けていれば疲労が溜まっていく。
しかし王都はもうすぐの辛抱だ。休憩の折、王都から出てきたという他の商隊と出くわした。
そんな時に行われるのが情報交換である。父がその商隊の者と談笑し、幾つかの品を交換する。

「エルマ」

父に呼ばれ、彼はとてとてと走り寄る。
手に持っている何かの包みを見ている父に、息子はアメジストの眼差しを向けた。

「王都では、ケット・シー喫茶というのが流行っているようだよ――ほら。」

父が中身が見えるように開けて差し出したそれは、ふわりといい香りがした。

「これは世界中の葉茶と言って、ケット・シー達が育てているそうだ。」

エルマの父は王国辺境の街リュネで、朝露亭という大きな宿を営んでいる。
それが何故エルマを伴って王都まで商隊を組んでやってきたのかと言うと、新たな商売を始めるためと跡取り息子であるエルマの後学のためであった。

聞けば、王都では高貴な方々に世界中の葉茶なるものが持て囃されているらしい。
喫茶店なるものがあり、庶民でもお金さえ出せば飲めるとか。
美味しいお菓子に可愛いケット・シーの給仕…そこは天国のような場所だとか。

エルマの父は、ケット・シーの給仕は無理でも世界樹の葉茶を仕入れて猫獣人を雇い、食事の時間以外の宿の食堂を喫茶店のように使おうと考えていたのである。

「世界樹の葉茶、お淹れ致しました。あ、坊ちゃんはお熱いので冷めるまでお待ちになって下さいね。」

使用人から湯気の立っているカップを供される。エルマはどんな味がするんだろうと鼻を動かした。

ケット・シーが育てているという、これ。

エルマは父の持つその包みに捺された絵をじっと見詰めた。
そこには可愛らしい服を着た真っ白な毛並みのケット・シーと思われる生き物描かれている。
その猫耳にエルマは記憶を呼び覚まされる――忘れもしない、あの事件。

そう言えば、あの子もこんな耳をしていた。
どこかで元気にしてるかな?

彼は空を見上げ、澄み切った青いカンバスに人攫い騒動で出会った猫の獣人の女の子を思い出し描く。

(あまり話せなかったけど、もの凄く可愛かったなぁ…お嫁さんにするなら、あんな子がいいなぁ……)

今思い返すと、エルマにとってあの美しい女の子は淡い初恋のようなものだった。

そんな気持ちを抱きながら、エルマは世界中の葉茶の入ったカップを持つ。
ふうふうとしながら一口すすった数秒後に悲鳴を上げるとは知る由もなく。



***



その頃ケット・シー保護区では――

にーらめっこするにゃっ、わーろたらだーめにゃっ、あっぷっぷにゃー!!!

ケット・シー達のそんな掛け声と共に。
ニャンコはエルマ坊ちゃんの恋心を木端微塵にするが如き勢いで変なポーズで目をかっぴらき、二本の指を鼻の穴にぷすっと差した。
対面のミミは頬を両手で引っ張り舌を出している。

ぶっふー!!!

ニャンコが考え出した恐ろしい遊び……サドンデスにらめっこ。
一刹那の後、口から水を噴出して服を汚したのはミミの方だった。
ニャンコはごくんと喉を鳴らして口に含んでいた水を飲み込むとビシッとミミを指差し高らかに宣言する。

「にゃー♪ミミの負けにゃっ!」

「にゃっ……ニャンコッ、ゲヒンなカオをするんじゃにゃいでしゅにゃっ!!!」

「何を言ってるのにゃ。ショウブはキビシく世の中は熱湯で淹れたお茶のようなものなのにゃー?ハジもガイブンもオンナもかなぐり捨てて全力でやるしかないのにゃ!」

「ぎにゃっ…こ、今晩のわたくちのデザート……」

エアルベスとティリオンの拳骨が落とされる数分前である。

『世界樹の葉』茶(現在注文を暫定的に停止)

イシュラエア王国ケット・シー保護区で栽培された世界樹の葉…

それをイメージしながら飲んでいたお茶が出来ました!
ちーとにゃんこのオリジナルグッズ?ですね。

『世界樹の葉』茶、です。

中身は市場に出回ってない、めちゃくちゃうまーな上級プレミアム煎茶です。
私も愛飲しています。

何で市場に出回ってないのに手に入れられてるのかというと、実はお茶の生産地に住んでいるのですが、地元の隠れた名店でお願いして売ってもらってます。

これが実に美味しい。
お茶どころで色んなお茶を飲んでるけどこれは美味しい。

飲むとスカッとほわわんとするのが同時に来てスッキリします。
執筆時も、頭を冴えさせるためにそれを飲んでいました。
小説の応援も兼ねて代理販売して下さるそうです。
普通では売らない、出し惜しみされるようなそんなお茶をご好意でコラボさせてもらってます。
ちなみにここだけでしか買えません。完全にオリジナルです。




ドラゴン仕立て(¥1620/100g)

王侯貴族ドラゴン仕立て(¥2160/100g)


の二種類あります。

ご好意で値引きしてもらってます。
お茶一杯あたり必要な量は2~3gだそうなので、100gだとおよそ33~50杯分あります。
両方とも買ってるのですが、凄く美味しいです。

どう違うのかと言われたら、王侯貴族ドラゴン仕立てはドラゴン仕立てより香りも強く華やかな味です。
私はドラゴン仕立てを日用に一日一杯、王侯貴族仕立ては来客時用、もしくはプチ贅沢のときにたまに飲んでます。

ここの製茶問屋さんにコラボさせて頂きました。



***


※現在販売形式変更のため注文を暫定的に停止しています。

再開までしばらくお待ちください。

ケット・シー喫茶奮闘記2

イシュラエア王国ケット・シー喫茶の招き猫プロモーション(命名byアイギューン)が成功してから早三ヶ月が経とうとしていた。

それは最初のご祝儀来店、満員御礼時期も過ぎ、お客の入りも大分大分落ち着いて来た頃の事である。
ケット・シー達も最初の頃よりは接客の仕事に慣れて来て、失敗する事も少なくなってきていた。
ミミも今では立派に喫茶店の采配が出来るようになり、エアルベスも大神殿での己の務めに戻る事が可能となっていた。

喫茶店はこのまま順調に維持していけそうである、そんな時。
実は、ある問題が発生していたのである。

「お客様が、ケット・シーの愛らしさに夢中になり、『お触り』や『お相伴』を求められて業務に支障が出ている、ですか……。」

終業後、迎えに行ったエアルベスにミミが深刻な面持ちで話があると切り出してきた。
そのままミミ、タレミミ、ハチクロと共にテーブルを囲む。

「そうでしゅのにゃ…特に、わたくちのケナミを触りたいっていうオキャクしゃまが多くて困っていましゅのにゃ…。」

「そうにゃ、エアルベスしゃん。ミミはここ数日、色んなオキャクサンにずっと捕まっていたのにゃー。」

「このままではシゴトににゃらないでしゅのにゃ。わたくちだけならまだちもタレミミしゃまやハチクロや他の子も時たま……」

ニンキモノはちゅらいでしゅのにゃ…と頬杖をついてミミはアンニュイに溜息を吐く。
しかしどこか嬉しそうなのは、きっと自分が他の子よりもお客様に人気ナンバーワンなのだという自負があるのだろうとエアルベスは思った。
ミミはお嬢様気質も手伝ってちやほやされたがりなのだ。

「それだけじゃにゃいにゃっ!タレミミなんかはオキャクしゃんからオカシを貰いすぎてふとってきているのにゃっ!ヒトがイッショウケンメイ働いてるヨコで、オキャクしゃんにあざとくコビを売ってるのにゃっ!!!」

ハチクロがタレミミを指さして他の問題点も指摘する。
非難の音が混じっているのはきっと僻みも入っているに違いない。

エアルベスは無言でタレミミの脇に手を回し、抱き上げた。確かに重量は増している気がする。
下ろしたついでにお腹を摘まんでみる。
むにっとした感触――タレミミのお腹に、脂肪が付き始めているのが分かった。

「タレミミ…」

ゆらり、エアルベスは黒いオーラを背負って立ち上がる。

お菓子の食べ過ぎは健康に良くない。
いや、そればかりかタレミミはお客さんにお菓子をねだっているのだ。
ケット・シーが十分にご飯を貰ってないとかそういう噂も立つかも知れないのだ。

タレミミは今まで見た事がないエアルベスの様子に首を横にぶんぶんと振った。

「――ちっ、違うにゃ!!!しょーだにゃ、ハチクロ!オマエだって貰っていたじゃないかにゃ!?」

「ぎにゃっ、ボクの腹を掴むんじゃにゃいにゃっ!!」

タレミミは冷や汗をかきながらハチクロに飛びかかってお腹をひっつかんだ。
エアルベスの目にはタレミミ程ではないがハチクロのお腹にも肉が付きだしているのが分かった。

「……ほほう…」

「ほら見るにゃ、ハチクロも太ってきているのにゃーって、イキナリ何をするのにゃ、ミミ!!!」

どさくさに紛れてミミはタレミミのお腹を掴んでいた。
先程とは違ってショックと絶望に顔を染め、よろよろと後退する。

「にゃ…にゃんということでしゅのにゃ……このままじゃ、わたくちのタレミミしゃまがプクプクのようにおデブケット・シーになってしまいましゅにゃー!!!!」

ミミは顔に両手を当てるなり、わっと泣き伏した。

ちなみにプクプクというのは他所のケット・シー保護区から連れて来られ、最近仲間に加わった一番食いしん坊でおデブな子、現在絶賛ダイエット中のケット・シーである。
ミミの言い放った『おデブケット・シー』の言葉に撃沈した二匹を見て、エアルベスはおっとりしたまんまるのプクプクの姿を脳裏に思い描く。

まぁ健康であるかはさておけば、あれはあれでも可愛いのに。

「今更禁止するのも反発が出るでしょうし…」

どうしたものかと考え始めたその時、喫茶店の入り口のドアがバーンと勢い良く開けられた。

「にゃー、久しぶりなのにゃー!!!」

「――失礼する」

ドアの外から入って来た小さい影と大きい影――

「ニャンコじゃないですか、それに、ティリオンさんも!」

「「ニャンコしゃん(にゃん)!!」」

この国の英雄となった、ケット・シーの希望の星、ニャンコ=コネコ。
そして仲間のダークエルフ、ティリオンである。

「王都にヤボ用があって、そのついでに遊びに来たのにゃ。」

「先に大神殿に行こうとしたのだが、こちらだと地の精霊が。」

エアルベスとタレミミ、ハチクロはぱっと明るい表情になる。
太陽のような元気な声にそれまでの暗い雰囲気が一気に吹き飛ばされる思いである。
それまでどよよんとしていたミミも顔を上げると泣きながらニャンコに突進していった。

「ふにゃあああーーん、ニャンコ―!!!!」

「にゃっ!!?ミミ、イキナリどうしたのにゃー!?」

ミミを撫でて慰めながらニャンコは目を丸くして問うようにエアルベスを見た。


***


エアルベスはとりあえず、折角寄ってくれた二人に席を勧めた。
ミミがぐずっているのでタレミミとハチクロに給仕を命じ、簡単にこれまでの経緯を説明する。

「――という訳なんです。ひとまず人員を増やしてローテーションを組ませようかと思っているのですが。」

「成程、貴女も大変だな。」

ティリオンは意味ありげにニャンコを見る。

「良い考えがあるにゃ、エアルベスしゃん。『オサワリ』と『オショウバン』を別料金にすればいいのにゃー。」

「べ、別料金ですか……?」

「そうにゃ。別料金にすることで『オサワリ』も『オショウバン』もトクベツになり、シゴトになるのにゃ。お金も儲かるにゃー?ニンゲンだって夜の街では綺麗なおねーしゃんを座らせたり触ったりするだけで別料金にゃ?ケット・シーのケナミと『オショウバン』にだってそれだけの価値はあるのにゃー。」

「……お前、どこでそんないかがわしい商売を覚えて来たのだ。」

…頭痛を堪えるように頭に手をやるティリオンの苦労をエアルベスは何となく察してしまった。

ニャンコ曰く、触るのもお相伴も別料金制にする。お相伴の際のケット・シーの食べるものもヘルシーな太りにくいものにし、お相伴をした子はその日のご飯の量を減らす事で調整。そうすればお金を稼げる上にケット・シーのごはん代も浮くとの事だった。

「ケット・シーの訓練次第ではいくらでも儲けられるにゃっ。ただでさえケット・シーは珍しくてキショウで愛らしいのにゃ。」

「なんという…」

悪びれないニャンコの尻尾が悪魔のそれに見えたエアルベス。
しかし本当にそんな事で成功するのだろうか?
丁度その時、タレミミとハチクロがお茶とお茶菓子を持ってきた。
ニャンコはおもむろに立ち上がる。

「ミミ、タレミミ、ハチクロ、今からわたちがやることをよーく見てるにゃ?」

「ニャンコ、何をしゅるのにゃ?」

泣き止んだミミと二人のケット・シーは首を傾げる。
ニャンコは運ばれてきたお菓子の皿を持ってティリオンの目の前に置いた。

「エアルベスしゃん、今からわたちがセッキャクでオショウバン、やってみるにゃ。こういう方法もあるのにゃ。この方法なら、少々ボッタクリしてもモンクは言われないのにゃ。」

言い終わるなりニャンコは両手を動かす。
魔法を皿にかけるような仕草を大げさにくねくねとしながら歌うように口を開いた。

「にゃーっ、オキャクしゃーん♪このおかちに今からニャンコがおいちくなる魔法をかけましゅにゃっ!おいちくなーれにゃっ♪おいちくなーれにゃーっ♪」

「は?」

エアルベスはニャンコの奇妙な言動にきょとんとした。
もちろんそのお菓子には魔法は一切かかっていない。
ティリオンはゴミを見るような無機質な目をニャンコに向けていた。
考えが追いつかない間にもニャンコは『おいちくなる魔法』をかけおえたのか、お菓子を摘まむとティリオンの口元に差し出す。

「にゃっ、これでおいちくなったにゃ♪どーじょ、あーんしてくだしゃいにゃっ♪にゃっ、しょんなにみちゅめられるとニャンコ、はじゅかしくってきゅんきゅんしちゃうのにゃー…ぎにゃっ」

ごいん。

ニャンコはお菓子を放り出して机に突っ伏した。
ティリオンが無言でニャンコの頭に拳骨を落としたのである。

「ティリオン、にゃにするにゃっ!!!」

「――俺で良ければ相談に乗ろう。」

「え、ええ…」

ニャンコの抗議をティリオンはさっくり無視した。
エアルベスは有無を言わさぬ圧力を感じてコクコクと頷く。
ニャンコはぷっと頬を膨らませた。

「にゃっ、べちゅにムシされても構わないにゃっ。三人とも、あっちでさっきのレンシュウするにゃ?既成事実にしてしまえば――」

ガッ!!!

ティリオンの右手が唸り、ニャンコの頬をひっ掴んだ。
膨らんだ頬をいきなり掴んだのでニャンコの口から空気がぶふっと押し出される。
ニャンコは頬を挟まれて満足に喋れない!

「ぎにゃっ、ひゃなすにゃっ!ひゃなすにゃー!!」

「大英雄ニャンコ殿――英雄らしく皆のお手本になるように品行方正に振る舞って頂けませんか?」

ぎりぎりぎり。
ニャンコはたまらず悲鳴を上げる。

「わかったにゃ、だからこの手をひゃなすにゃー!!!」

ニャンコの扱いをいつの間にか心得ているティリオン。
もしかしたら自分より苦労しているのかも知れない――エアルベスはダークエルフに親近感を抱いた。


***


結局。

接客の人員を増やし、ローテションを組む事でお相伴のリスクを分散化させ、また『お触り』と『お相伴』は一定時間以上の場合に限り

別料金制になった。
勿論ボッタクリではない良心的な金額である。
タレミミやハチクロの体重も元に戻って来たので、エアルベスはホッとしていた。

しかし彼女は知らない。

ニャンコに対抗意識を燃やしたミミがニャンコの伝えた接客方法をマスターし、それが更にケット・シー達の常態化となってしまう事を。
そしてその愛らしさにハートを撃ち抜かれたファンがケット・シー喫茶に通い詰め、やがて事業拡大の運びになる事を。

この時のエアルベスはまだ、知らなかったのだ。

ケット・シー喫茶奮闘記1

お茶の淹れ方の研修も終わり、ケット・シー達による喫茶店事業計画が立ち上げられてから早数か月。
関係者らの奮闘もあってか、遂に開店の日を迎えた。
なんとか教えられた作法を身に着けたケット・シー達であったが――。

「にゃー…オキャクしゃんがこにゃいにゃー。」

いきなりの大ピンチである。


***


「ケット・シー保護区はいままで厳重に管理されていましたからね。王都の住人はケット・シーを見た事がない人ばかりなのでしょう。」

「しょんな…どうしゅれば良いのにゃ…。」


イシュラエア王国大神殿内、世界樹の畑。作業するケット・シー達を眺めながらエアルベスとミミ、タレミミ、ハチクロの四人は相談をしていた。
ミミはエアルベスによって選抜された接客の責任者、タレミミとハチクロはその補佐である。

「王都の人はケット・シーが嫌いにゃのかにゃ?」

「にゃー…今までイッパンのニンゲンに接した事がないからにゃー…。」

「もちかちたら、キタナイと思われているのかもちれないでしゅにゃ…。」

張りきっていた矢先の閑古鳥の鳴く店に、ミミはしょんぼりと肩を落とした。
考え事をしていたエアルベスは内心慌てた。

「そ、そんな事はありませんよ、ミミ。とりあえず、お客様を呼ぶために何か出来る事を――」

「――その話、聞かせてもらった!」

考えましょう、とエアルベスは最後まで言えなかった。
突如空が曇り、巨体が世界樹の畑の広場に落ちて来て地響きを立てた。
世界樹の畑で作業しているケット・シー達が歓声を上げる。
先日英雄ニャンコ=コネコによって復活したドラゴンの王、エンシェントドラゴンアイギューンである。

「ふむ、客が来ないのであれば客寄せするしかなかろうな。」

集まって来たケット・シー達のアスレチックと化したエンシェント・ドラゴンは、喫茶店の窮状の問題点を挙げた。

「しかし、客寄せと言っても」

エアルベスはちらりとアイギューンを見上げた。彼女自身も他の職員も、商売には不慣れである。
その様子を見て取ったドラゴンは目を瞬かせた。

「どれ、我が知恵を貸してやろう――まずは、喫茶店の看板は書いているのか?大通りに道案内看板は?」

「看板はありますが…大通りに道案内看板は立てていません。言われてみればそうですよね、普通大神殿に喫茶店なんて思いもよらない事ですから。」

成程、アイギューンの言う事ももっともだった。
早速大通りに看板を立てるように手配しなくては、と脳内で段取りや予算を組む事を考える。

「キャクヨセって何なのかにゃ?」

「キャクヨセっていうにょはお客しゃんを呼んでくるということでしゅのにゃ。」

「にゃー、さすがセキニンシャだにゃ、ミミは頭がいいにゃ!ひきかえハチクロはバカにゃ。そんなことも知らなかったのかにゃ?」

「にゃんだとタレミミ!ききじゅてにゃらにゃいにゃっ!!!」

耳に飛び込んできた会話にエアルベスは脱力感を覚えた。
普段なら微笑ましくも思おうが、今は無いわーという気分である。
もしケット・シーが人の外見で対等な同僚であればきっと張り倒したくなるだろう。
いやいや、こんな事を考えるべきではない。ミミが気遣わしげにこちらを見ている。

ハチクロとタレミミは取っ組み合いを始めた。
ミミはそんな二人の事をちらりと見て「二人ともおバカでしゅにゃ。」と言い放つ。
彼らの動きがぴたっと止まった。
そんな様子をゆったりと眺めていたアイギューンは目を細めてくつくつと喉を鳴らす。

「ふふふ、可愛いな。ただ客寄せと言っても人目を惹き、興味を抱かせて『来たい』と思わせなければいけない。それはケット・シーの特性を生かせるやり方であることも大切だ。良い方法を思いついたぞ。」

「ケット・シーの特性を生かすやり方、ですか…?」

そんな方法があるのだろうか。
エアルベスは目をぱちくりさせてドラゴンを見上げた。



***



「ケット・シー喫茶にゃっ、いらっしゃい、いらっしゃい、いらっしゃいなのにゃー!」

「あら、かわいいわね!」

「あなたたちが給仕してくれるの?」

数日後。王都の大通りにケット・シー喫茶の看板が立てられた。
その下では喫茶店のお仕着せを着た数人のケット・シー達。
皆元気に声を張り上げて片手でおいでおいでをしている。
男のケット・シーは右手を、女のケット・シーは左手を上げている。
道行く人々、特に可愛いもの好きの女性はケット・シーの可愛らしさに足を止め、その不思議な仕草に興味を惹かれているようだった。

「はいにゃっ、わたちたちがお茶をいれましゅのにゃ!」

メイド服で優雅にカーテシーをして答えるミミ。目を輝かせた女性たちはおいくらなの?お茶って飲んだことないけど美味しいの?等と矢継ぎ早に質問している。
それにミミは如才なく答える。じゃあ行ってみようか、と幾人かの女性が喫茶店の方へ足を向けた。
看板と目と鼻の先の建物の影でエアルベスと一人の麗人がその様子を眺めていた。

「凄いですね…客寄せは成功です、本当にありがとうございます。それにしてもそのお姿は驚きました、アイギューン様。」

エアルベスは麗人に頭を下げる。
顔を上げると白磁の肌に黄金の瞳の美貌、青灰色の滑らかな髪は日を反射して虹色に輝いている女性の姿。
客寄せを始めてやってきたこの女性がかのエンシェントドラゴンだと言われた時は正直度肝を抜かれたものだ。
麗人曰く、『人間そっくりな人形を作り、それと感覚を共有する』魔法であるとの事。
人形と言われても普通の人間のように食事も排泄も出来るそうだ。
今でも信じられない思いである。

「ふふふ、本体では人間の街で活動しづらいからな。『器』が今日に間に合って良かった。」

柔らかく笑んだ麗人。
その時、通行人の男性の声が耳に飛び込んできた。

「へえ、大神殿も面白い事を始めたものだね。ところで、その手を上げているのは何か理由でもあるのかね?」

「ありましゅにゃ!これは、ケット・シーが人に幸せを運ぶオマジナイでしゅにゃ!右手を上げるのはオカネを、左手はヒトを招きましゅのにゃ!」

「ほっほう、実は私は旅の商人でね。王都に初めて来たんだ。その矢先にこれは幸先が良いな!」

男性はそう言って喫茶店への道を訊き、上機嫌で歩いて行った。
成り行きを見ていた商人と思われる姿の男達も縁起担ぎだとぱらぱらと後に続く。

「ケット・シーにそんな謂れがあったなんて初めて知りました。」

「正確にはケット・シーの祖先なんだろうが――遠い東の神秘の島国での言い伝えだ。」

その後、ケット・シーの祝福を受けて商売繁盛した、子供を授かった、幸運が続いた等の噂が王国中を駆け巡り。
ケット・シー喫茶は王都名物として大いに繁盛する事となったという。